Aichi Gakuin University ~ 愛知学院大学

研究科長挨拶

経済学研究科では、社会人を積極的に受け入れ
地域経済社会のグローバル経済対応のための人財を養成します

経済学研究科長 吉田 雅彦
経済学研究科長 吉田 雅彦

経済学研究科は2017年度に開設され、本学では新しい修士課程の大学院研究科です。本研究科は地域経済社会のグローバル経済への対応という現代的ニーズに応えるため、高度な経済学の専門的知識と問題解決能力を身につけて、社会で活躍できる人財の養成を目的としています。本研究科では「理論・実証科目」群、「歴史・思想史科目」群、「応用・政策科目」群、「法・行政科目」群といった4つの科目群を設置しています。これらの科目群をもとに、グローバル化の下でのモノづくりを基盤とする東海地域の経済、相互依存関係を強めているアジア経済問題、少子高齢化による年金・医療・介護問題、日本の財政・金融問題、国際資本市場における金融取引、環境・エネルギー問題など、現代的な諸問題に専門的な視点から対処できる研究者や、民間企業における企画部門や国・地方自治体における政策立案に必要とされる人財を養成します。また、税理士、国税専門官、財務専門官などの高度専門職業人の養成や、高等学校の教職専修課程(公民)でのより専門的な知識を有する教員の養成にも尽力しています。
本研究科では、昼間開講に加えて、社会人院生が学びやすいように夜間開講も行っています。とくに社会人院生に対しては仕事で関わる課題をテーマにあげることができる「課題探究コース」を設置し、修士論文に代替できるようにしています。また社会人院生には標準履修コース(2年間)の他に、短期履修コース(1年間)、長期履修コース(3年間)を設置し、院生の事情に合わせた柔軟性のある履修制度を採っています。本研究科はすべての科目を名古屋都心の官庁街に隣接する名城公園キャンパスにおいて開講しています。経済学における高度な専門的知識を身につけ、グローバルな視野をもって、地域経済の中で活躍したい、という向学の念に燃える人が本研究科で学ばれることを切に望みます。

経済研究科長 吉田 雅彦

TOP