Aichi Gakuin University ~ 愛知学院大学

研究科長挨拶

経済学研究科では、社会人を積極的に受け入れ
地域経済社会のグローバル経済対応のための人財を養成します

経済学研究科長 多和田 眞
経済学研究科長 多和田 眞

経済学研究科は平成29年度から新たに開設される修士課程の大学院研究科です。地域経済社会のグローバル経済への対応という現代的ニーズに応えるために、より高度な経済学の専門的知識と問題解決能力を身につけて、社会で活躍できる人財の養成を目的として設置されました。本研究科の修士課程では経済学の基礎理論から金融、財政、国際経済、経済史、社会政策等に至る幅広い専門科目群と優秀な教授陣を備えています。こうした専門科目をもとに、グローバル化が進む中でのモノづくりを中心とする東海地域の経済や関係を強めているアジア経済の諸問題、少子超高齢化が直面する年金・医療問題、日本の財政・金融問題、国際資本市場における金融取引、現代の喫緊の課題である環境・エネルギー問題などの現代的な諸問題に専門的な視点から対処できる研究者や、民間企業における企画部門や政府・自治体における政策立案に必要とされる人財を養成します。また、税理士や国税専門官などの高度職業人の養成、高等学校の公民教員を養成するためのコースも備えています。
本研究科は昼間開講に加えて夜間開講も行いますので、社会人でも働きながら修士号が取得できます。特に社会人のコースには職場で蓄積した知識や経験を素材として利用できる課題探究コースを設置し、修士論文を代替できるようにしています。このコースは職場で抱える経済関連の課題を本研究科で考察し、その成果を職場に反映させていただくことを目的としています。また社会人の学生には標準履修コース(2年間)に加えて、1年間で修了できる短期履修コースと3年以上かけて修了する長期履修コースも設置して、学生の事情に合わせた柔軟な対応を行います。本研究科は原則すべての科目を名古屋都心の官庁街に隣接する名城公園キャンパスにおいて開講します。新設の愛知学院大学大学院経済学研究科でぜひ学んでください。

経済研究科長 多和田 眞

TOP