Aichi Gakuin University ~ 愛知学院大学

入試情報

経済学研究への意欲と社会の発展に貢献する意思をもつ人を受け入れます
社会人にも大きく門戸を開いています

  1. アドミッション・ポリシー(入学者受入方針)
    グローバル化の進展と市場経済の世界的な浸透によって、市場経済のメカニズムは急速に複雑化、専門化してきており、そうした経済社会において直面する経済問題も高度化しています。このような時代の要請に応えるため、本研究科はより高度な問題解決能力を身につける教育を展開します。そのために必要な以下の資質を有する人物を受け入れます。
    1. 大学院での経済学に関する学修に必要な基礎的知識と研究能力を有する者
    2. 大学院での経済学に関する高度の専門知識と分析能力を身につけようとする意欲を有する者
    3. 現代社会が直面する経済の諸問題に対して解決の方策を提案し、経済社会の発展に貢献しようとする意欲を有する者
    受け入れる学生は、学部教育を修得した学部卒業生を中心としますが、地域経済の発展に資する政策の企画・立案能力及び政策効果の分析能力の修得を目指す、企業や公共機関での職務経験を有する社会人や、キャリアアップのために高度専門職業人を目指す人、高齢社会の中で生涯学習を目指すシニア世代などの受け入れも視野に入れています。
  2. 入学者選抜の方法
    入学者選抜は大学院での研究・教育を希望する学生に広く門戸を広げるため、次のような試験を実施します。
    1. 一般入試(外国人留学生を含む)
    2. 推薦入試
    3. 特別入試(本学経済学部卒業生対象)
    4. 社会人一般入試
    5. 社会人推薦入試
    6. 3年次対象入試(本学経済学部3年生対象)
    各試験の合否の判定は、筆記試験成績、出願書類審査(特に成績証明書、出願理由説明書(社会人入試の場合)、研究計画書(社会人入試の場合)、日本語能力調査書(外国人留学生の場合)、推薦書(推薦入試の場合))、および面接試験の総合評価によるものとします。社会人入試については応募時に「標準履修コース」、「短期履修コース」、「長期履修コース」から希望のコースを選択し、同時に「修士論文コース」と「課題探求コース」のいずれかを選択し、面接においてその選択の適否を判断します。特に社会人入試の志願者は多様なバックグランドを持っていることが予想されるため、出願書類に成績証明書のみならず、出願理由説明書、研究計画書の提出を求め、面接試験において上述のコース選択の適否に加えて、学修・研究能力について十分に時間をかけて口頭試験を行います。
  3. 日程・出願資格・試験科目
    日程
    出願資格
    試験科目

TOP