Aichi Gakuin University ~ 愛知学院大学

教育の特色

名古屋都心の立地を最大限に活用し
高度な教育体制を構築しています

  1. 1

    企業や行政の戦略立案を担う力を養成します。
    高度化・複雑化した社会経済システムにおいて、経済学の専門的な知識と分析能力を生かし、民間企業では計画・立案などの戦略的部門に参画できる人財、国・地方自治体などの行政機関では「効率」と「公正」のバランスのとれた政策を立案できる人財を養成します。
  2. 2

    社会の多様なニーズに対応できる教育体系の提供
    都心の立地を活かして、学部からの進学者はもとより、地域の企業や官庁からの社会人学生や、生涯学習の機会を求めるシニア社会人を積極的に受け入れます。また、教員や税理士、国税専門官など経済学に関連する様々な専門職を目指す高度専門職業人の養成のための教育コースも備えています。平日夜間や土曜日にも開講するとともに様々な事情から2年間での修了が困難と予測される学生には長期履修の道を提供するほか、特に優秀な学生は1年間で修了できる短期履修の道も用意しています。
  3. 3

    地域経済で活躍するビジネスパーソンの国際化と
    積極的な留学生の受け入れ
    近年のグローバル化によって、地域社会においてもグローバル化への対応が喫緊の課題となっています。特に東海地域は「ものづくり」産業の拠点であり日本経済の原動力といえ、東アジア、中南米などの発展途上国から多くの留学生が、それらを学びにこの地域に来ています。また、地域で活躍する企業人や様々な分野の社会人もグローバル化の進展の中で国際的な視野を持つことが必要不可欠となっています。こうした社会のニーズに応えて、本研究科では国際経済関連科目群の充実を図ります。
  4. 4

    税理士を目指す人のニーズに応えて
    租税法などのカリキュラムを用意
    本研究科では、税務に関する高度で専門的な知識と実践力を高めるため、充実した租税法のカリキュラムを用意しています。税務全般のプロフェッショナルとして第一戦で活躍できる税理士を養成します。
  5. 5

    産官学連携による研究・教育体制の充実
    本研究科が置かれる名城公園キャンパスは、都心の栄、愛知県庁、名古屋市役所に近く、官庁や企業と人的交流を行う上で極めて利便性が高いキャンパスといえます。本研究科の主要な研究分野の一つである地域経済学、地域金融、ものづくり産業の研究教育の促進のために、この立地を活かし地域の社会人を積極的に受け入れ、夜間開講に適応したキャンパス内の事務体制や図書館体制の強化を図っています。また都心の立地は、様々な企業や自治体等との連携を効率的に行えるという利点もあります。
TOP