Aichi Gakuin University ~ 愛知学院大学

教育目標と養成する人財像

理論、歴史、政策の融合により
高度な専門的知識を身につけ
適確な政策提言ができる人財を養成します

教育目標

経済学研究科は、「行学一体・報恩感謝」という建学の精神に則り、経済学を通じた真理探究と豊かな人間形成によって経済の高度な専門知識と問題解決能力を身につけ、現代経済の諸問題に対応できる高度専門職業人および経済学の研究能力を有する研究者として、グローバル化の中での地域経済の発展に貢献できる社会人の養成を目的とします。

専門的な課題について国際的レベルで意見交換できる
コミュニケーション能力

経済活動は急速にグローバル化しており、海外での活動はいうまでもなく国内においても外国人とのコミュニケーションが求められます。国際経済や地域経済を学び経済学の専門家として、多様な背景を持つ外国人に対して説得力のある議論を展開できる能力を身につけます。

経済現象の中から本質的な問題を抽出し
研究課題として設定できる能力

現実の経済現象は、様々な要因が相互に連関し合って生起しています。こうした様々な要因の因果関係の中から、本質的に重要な問題を抽出して、それを研究課題に設定するとともに分析の方針を明確化できる能力を身につけます。

高度な分析に必要とされる統計的処理能力や数理的解析能力

経済学の専門家として、経済の諸問題を分析するためには、論理的整合性や科学的分析手法が求められます。特に経済学では、現実の経済の実態把握のために統計データの利用が極めて重要であり、統計データの処理と解析の能力や、複雑な経済現象からその本質を捉えたモデルの構築とそれによる分析を遂行できる能力を身につけます。

研究課題の解明から得られた成果の応用力

経済問題の考察から得られた研究成果や、研究によって培われた経験を、様々な機会を通して応用できる能力を身につけます。

人間社会に関わる幅広い豊かな教養と
様々な価値観や文化を理解する力

経済問題は人間社会に根ざした問題を扱います。とりわけ当事者間での利害対立を含む問題も多く、また経済学の目標とする効率性と公平性も二律背反的性質を持つことが多くあります。このような問題解決のために、社会的倫理や道徳、文化や価値観などの幅広い教養を基盤とした、バランスのとれた視点から問題を捉え、結果を評価できる能力を身につけます。

養成する人財像

経済学の分野における研究者及び教育者

経済学に関する深い洞察力や高度な分析力などを身につけ、さらに博士後期課程に進学し、将来は様々な研究機関で経済学の研究者として、あるいは経済分析のエキスパートとして活躍できる人財を養成します。

民間企業における計画・立案などの
戦略的部門を担う人財

民間企業において、専門的な経済学の知見と分析的応用能力を活かし、幅広い見地からの現状把握と将来へのより正確な見通しにもとづく計画・戦略を立案できる人財を養成します。

政府・自治体などの公共機関において
政策立案に参画できる人財

政府や自治体における政策には経済に関わるものも多く、したがってその立案には経済学の高度な専門的知識が必要とされます。それらを活かした政策立案能力や総合的構想力を備えた公務員となりうる人財の養成に加えて、すでに公務員としての職務経験を持つ社会人の中からこのような人財を養成します。

税理士、国税専門官などの高度専門職業人(特に税理士)

経済学分野に関連する高度専門職業人として、税理士、財務専門官、国税専門官などがあります。このような分野において活躍できるための資格を有する人財を養成します。

高等学校専修免許状(公民)を有する教員

高等学校専修免許状(公民)を取得するために必要な科目履修を揃えることで、高度な知識をもち、教科の指導的立場を担う高等学校教員の養成を行います。

経済学の深い知識と理解を持って地域社会において貢献できる人財

経済は日常生活に密接に関わっており、人々が豊かで快適な生活を営むためには経済に関する知識と理解が不可欠です。特に高齢社会を迎えて、多くのシニア層が社会的に貢献できる機会を見出すことが社会にとって有用となる中で、地域社会において生活講座の講師やボランティア活動、生活相談などで社会貢献できるための深い経済学の知識を有する人財を養成します。

TOP